食事

  1. カフェイン・甘いものはNG

    カフェイン・甘いものはNGうつの方に飲食物の中で一番避けてもらいたいのが、カフェインと甘いものです。

    カフェインは覚醒作用があるだけでなく、自律神経の「交感神経」という興奮する神経を刺激してしまいます。
    もともと交感神経を使いすぎた体によってうつが発症しているのに、カフェインを取るとより症状を悪化させてしまいますので避けましょう。

    カフェインを含むもの
    コーヒー・紅茶・緑茶・ジャスミン茶・ウーロン茶・ほうじ茶・ココア・チョコレート・コーラ・栄養ドリンクなど

    甘いものは、疲労感が加わってくると食べたくなる欲求が出てきます。
    脳の栄養となるものは糖分だけなので、脳疲労が続くと甘いものを食べたくなる欲求が増すからです。

    でも、ここで気をつけなくてはいけないのは砂糖類です。
    砂糖類とは、いわゆるお菓子・洋菓子・和菓子類。
    砂糖は、血糖値を素早く上げる能力を持っています。
    血糖値が上がると、体の疲労が取れたかのような錯覚に陥ります。
    しかし、体内では血糖値がいきなり上がったことを「身体の危機」と捉え、血糖値を戻すためにホルモンを分泌します。それがインシュリンです。
    そしてこの反応は、アドレナリンなどの交感神経が余計に刺激されてしまうのです。

    血糖値が急激に上下すると、食べても食べても空腹感が付きまとい、疲労感も取れず、機能性低血糖という疾患になることがあります。
    落ち込みや情緒不安もさらに強くなるため、甘いものは控えることが大切です。
    どうしても我慢できないときは、食前より食後に食べましょう。

  2. バランスの良い食事

    和食と言うと、ご飯に味噌汁・主菜(魚や豆料理)・副菜(野菜)といった定食を思い浮かべるでしょう。
    米やパンなどの主食単品だけではなく、和食の一汁三菜という形が体にとって必要な成分を一番バランス良く取ることができます。
    と言うことは、なにもうつだからと神経質に考えるのではなく、健康を保つための食事作りをしていけばいいのです。

    注意することは、ばっかり食いをせず、冷たいもの・辛すぎるものは控えましょう。
    また、年齢や活動量に応じて摂取量は異なりますので、無理して若い時と同じように食べる必要はありません。

  3. 無理して食べない

    食欲がないのに食事をして、胸やけや胃痛などの消化症状が強かった時は、無理して食べる必要はありません。
    これは、体がノーと教えてくれているんです。
    そんな時は「朝だから朝食を食べなくてはいけない」とか「バランス良くするにはもっと食べなきゃいけない」とか思わないことが大切です。

    内臓は副交感神経に支配されています。
    なので、身体がリラックスした状態でないとうまく消化をしてくれないのです。
    体調が悪いときは、なかなか消化が上がってきません。
    そこに無理やり食べ物を食べてしまうと、消化がさらに遅れ、消化管痛や吐き気・疲労感が出てきてしまいます。

    ただし、栄養の補充は大事ですので、食べれない日が続くときは、医師に相談して点滴で栄養を補充することをお勧めします。

  4. 食後が気持ち悪い時はどうするか?

    食事は食べられるのだけど、食後めまいがしたり具合が悪いという人は、食事によって内臓が動き出す時に一気に血流を内臓に取られてしまうので、脳に酸素が届きにくい状態になります。
    体調が悪かったり、もともと貧血や低血圧を持っていればなおさらです。

    そんな時は、食後すぐに横になって休みましょう。
    横になることで全身に血液が巡りやすくなります。
    目を閉じて、気持ち悪さが少し楽になるまで休んであげてください。
    消化した血液は一度肝臓に集められますので、肝臓が働きやすいように右を下にして横向きになって休むとさらに効果的です。

    片付けも後でいいんですよ。
    特に、家族がいれば片付けも相当の時間を割くことになりますから、後回しにしましょう。

 女性のうつに詳しい整体院 

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ