誰でもどんな世代でもなる病気

うつはストレス社会が生んだ現代病のように思われがちですが、昔からある病気です。
特定の人がかかる病気ではなく、誰でもかかる病気だということを知っておきましょう。
女性は、4人~10人に1人が一生のうち一回はうつにかかると言われています。
更に、人によっては一生のうち何度もうつを繰り返すこともあります。

また、うつにかかる年代も様々です。
女性のピークは20代前後と50代前後、そして高齢期。
いずれも社会的役割、体の変化に大きな転機が訪れるときです(詳細は、女性のうつの特徴年齢で変わる女性のうつの原因へ)。


*


 女性のうつに詳しい整体院 

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ