心の変化?もともとの遺伝?|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

心の変化?もともとの遺伝?

原因別うつ病の種類 心因性・内因性・身体因性

うつ病を別の見方で原因別に分けると下記のようになります。
あなたがどのような原因でうつ病になっているかを参考にしてみてください。

心因性のうつ病の原因

職場や家庭の問題、転職、引越しなど、生活の中での大きな変化は、大きなストレスの要因となるものがたくさんありますよね。
最初のページでもお伝えしましたが、女性は男性と異なり年齢相応の役割が目まぐるしく変わります。
(そんなことから、たまに変化に付いて行けなくなることぐらいあるのが普通です)
そのため、環境の変化が大きな生活の変化となり、それが大きな精神的ストレスになるのです。

本来人間は、その変化に適応し克服し、次第にストレスを感じなくなるものです。
しかし、そのストレスが長引いたり、自分の許容範囲を超えるストレスとなると、対応しきれなくなり、いつしかうつ病が発症してしまいます。
うつ病とうつ状態のお話のときにもお伝えしましたが、誰だって近親者が亡くなれば気分が落ち込みます。
つまりこのときの気分の落ち込みはいたって普通のことです。
病気とは本来「ふつうの状態じゃないこと」を言います。

ですが、どこまでが病気でどこまでが普通の状態化は線引きできません。
また、個々のストレス耐性(ストレスに抵抗する力)の強さによっても、うつ病になる方、ならない方が決まってきます。
同じストレスを受けてもうつ状態が3日の人もいれば、うつ状態を通り越してうつ病になる方もいらっしゃいます。

現代人のうつ病のタイプは、この心因性うつ病が多いと言われています。
幅広い年齢層に発症しやすいのですが、40代ごろからよく発症する例が見られると言われています。

トピック:喪失感はうつ病になりやすいストレス
多くの場合、一番大きな精神的ストレス(つまり心因性の原因になるストレス)は、喪失感です。
これは「自分の愛情の対象となっている大切なものを失った時、または失ったと思った時」に感じる感情です。
大きな喪失感を感じると心のバランスを崩し、様々な社会への適応障害を起こしたり、心因性のうつ病になり体調不良になったりするものです。

特に喪失感が大きくなりやすい出来事は、配偶者の死や家族の死、友人の死など死別体験だと言われています。
また、家族同然に大事にしているペットなどの死別体験なども大きな喪失感となります。
最近ではペットロス症候群などともいわれています。
「ペットがいなくなってしまったのは、私の管理が悪かったためだ」とか
「ペットが死んでしまったのは、私の責任だ」などという、自分を責めてしまう感情になってしまったり、死んだはずのペットが今でも元気に自分の元にいるという錯覚を起こすことなどもあるのです。
通常は、時間とともに精神的にも回復し元気になるのですが、そのままうつ病へ移行することもあるのです。

更に、人間だけではなく、仕事や財産もその人が大切にしている場合は、喪失(つまり失業や退職、散財)により喪失感を覚え、うつ状態に入り込むこともありますし、会社など、ある組織での権力が無くなる場合も喪失感を生みます。
無意識に女性として大切だと思っていた生理が無くなるという喪失感のため、閉経後にホルモンのバランスの乱れも伴ってうつ傾向になる女性もおります。

また、バリバリ働く女性の中には、最後の女らしさであるもの(料理器具やおしゃれな洋服など)を喪失することで気分の落ち込みが激しくなることもあります。
男性からすると、「たいして使ってもいなかったものが無くなったくらいで...」
と思うこともありますが、女性からすると立派な喪失感になるのです。

女性は結婚して生まれ育ったところから引っ越すこともありますが、この場合も生まれ育ったところで生活することの喪失になりますのでうつ傾向になります。
結婚して自由を喪失することにより、うつになることはマリッジブルーとも言います。

家族の死・友人の死・子どもとの別離(空の巣症候群)・離婚・恋人との破局など、大切なものをなくすことで立ち直れない状態が長く続くと、喪失感からうつ傾向が強く出てきます。最悪の場合、自殺という危険性もあります。

内因性のうつ病の原因

内因性と言葉にあるように、「いつのまにか、ひとりでにうつ病になる」というタイプがこのタイプです。
心因性のように何かストレスがあったわけでもない、身体因性のように体に異常があるわけでもない、はっきりした原因がいまいち分からないタイプのうつ病のことを言います。
何とな~く自然にうつ病が発症し、うつ病の症状が繰り返し起こるタイプです。

季節に左右されることも多く、決まった季節になると症状が悪化する傾向があります。
多いのは冬に起こる冬季性うつ病や春に起こるうつ病です。
何度か症状が悪化するので、周りにいる家族にも、その様子の変化が分かるので、うつ病の症状が発症しているかどうかということがわかってきます。
この内因性うつ病の発症しやすい年齢は20代ごろからと言われています。
心因性うつ病も内因性うつ病も症状は同じです。

身体因性のうつ病の原因

体の病気や変化や服用している薬の副作用からうつ病になるのがこのタイプです。
女性特有のうつ病でいえば、マタニティーブルーや産後うつ、そして更年期のうつ等がこれにあたります。
うつ状態になりやすい病気としては、甲状腺機能低下症・副腎皮質機能低下症・パーキンソン病・アルツハイマー・リウマチやエリトマトーデスのような膠原病などが代表的なものです。
また、がんの初期・脳腫瘍、脳卒中(脳出血・脳梗塞)の後にも高い確率でうつになります。
さらに、骨盤や背骨のゆがみ、頭蓋骨のゆがみ、姿勢の悪さからもうつになる場合も少なくありません。

このように体の状態がうつの原因となっているのが身体因性のうつ病です。
当然、うつ病の治療よりも体の治療の方が先になります。
甲状腺機能低下症・副腎皮質機能低下症・パーキンソン病・アルツハイマー・膠原病・がん・脳腫瘍・脳卒中などは内科もしくはその専門医にご相談ください。
骨盤や背骨のゆがみ・頭蓋骨のゆがみや姿勢の悪さなどは、整体などの専門家にご相談ください。

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ