25歳から35歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

25歳から35歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

25歳~35歳の女性は身体的に成熟しています。
仕事、恋愛、結婚などの悩みも多くなる頃です。
浮かれていた思春期と違って、このころの悩みは切実です。
体は成熟していますので、生物学的に言うと子供を産むのでしたらこのころが良いでしょう。
ただ、キャリアを積んでいった女性は社会的な立場にあることも多く、今後の身の振り方で悩むころです。
30歳を迎えるころには
「子供を産むか産まないか?」
「産むならいつごろがいいか?」
と悩むことになるでしょう。

中には、「子供は欲しいが、共働きでないと生活が苦しい」という悩みを抱えている方も多いでしょう。
多くの女性は大企業ではない会社にお勤めしていて、そう簡単に法令通りに育児休暇が貰えないのが現実です。
また、その前の「結婚するかしないか?」と悩む女性もいるのではないでしょうか?
このような精神的ストレスが生まれやすいのがこの時期の女性の特徴です。

また、成熟した体なので無理がきくため、仕事のし過ぎで体がゆがんで構造的ストレスが溜まったり、お酒の飲み過ぎや化粧品などの使いすぎで化学的ストレスが溜まったり、薄着でおしゃれをするため、温度のストレスが溜まったりしやすくなります。

仕事や恋愛で最も多いストレスが、やはり人間関係です。
ストレスの種類で言えば精神的ストレスです。
精神的ストレスは「○○過ぎる」というのが多くなります。
不安になり過ぎる・期待しすぎる・気にしすぎる・など、「過ぎる」ことで精神的ストレスが生まれます。

また、先ほどお伝えした「ねばならない」という思考もストレスになります。
また、仕事では責任が生まれるため、自分の体のことよりも仕事を優先してしまいがちになります。
もちろん、仕事なのでそのようなこともあるでしょうが、やはり行き過ぎると色々なストレスが加わります。
食事が不規則になったり栄養が過不足になったり、睡眠不足になったり生活にメリハリが付きません。
いつも気の抜けない緊張感や焦燥感を感じたり、忙しいと感覚のマヒ、感受性のマヒ幸福を感じず、体の悲鳴も感じず、緊張とリラックスがうまくできなくなってしまいます。
それにより、充実感が減り、うつ病へと近づくことがあります。

では、出産に関することをお話しします。
妊娠時にはマタニティーブルーという「うつ状態」になる場合があります。
また、出産後もベイビーブルーという「うつ状態」になる場合があります。
育児のノイローゼのような形でうつ状態になる方もいます。
特に妊娠・出産・育児が初めての場合、不安を葛藤が数々押し寄せます。
このときは、精神的ストレスが非常に多いため、構造的ストレスや化学的ストレス)が溜まらないように気を付けたいところです。

この頃の構造的ストレスは妊娠~出産後にかけて、出産などで骨盤が開いてしまったり、筋肉が疲労のため凝り固まってしまうことが多いです。
骨盤のゆがみの原因は、出産前では筋肉量が少ないこと、出産後では早すぎる歩行などです。
妊娠中から筋肉を付けるためにもよく歩くことをお勧めします。
現代人は、昔の人に比べて筋肉が少なすぎるのです。

そして出産後は、早く歩くように維持する医師もおりますが、筋肉が弱い方は骨盤が安定するまで、無理して歩かない方が良いという意見があることを知っておく必要があります。

また、化学的ストレスとしてガンマリノレン酸という油の一種が足りなくなり、マタニティーブルーやベイビーブルーといううつ状態になりやすくなります。
ガンマリノレン酸は、サバやイワシなど青魚によく含まれています。

30代のうつ

現在の、ストレスが氾濫している社会の中で、
うつ病について悩む人が確実に増えていることは間違いありません。

自分が抱え込むストレスが、自分の許容範囲を超えたとき、自律神経のバランスが崩れ脳に伝達する「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがうまくできなくなり、気分が落ち込み、焦燥感、イライラ、不眠、集中力の低下、何もしたくなくなるなどの症状が出て「うつ病」になってしまいます。

しかし、30代の女性に多く見られるのは
「自分の好きなものには興味がわき、進んで行動できる」
「興味のあることには集中できる」
「睡眠が取れないというより、逆に睡眠が多すぎる」
という非定型うつ病を発症することが多い年代でもあります。
またこの年代に多く見られるのが「仮面うつ病」です。
本来現れる、うつ病の症状としての、憂うつ感、おっくう感、何もする気が起きない、という意欲の低下や不眠などの症状が、顔を出さない。
まるで仮面をかぶっているかのような状態で、うつ病になるのが「仮面うつ病」です。

仮面うつ病の特徴は、頭痛や、めまい、肩こり、胃痛、腰痛、疲労感、食欲不振、あるいは過食気味になるなど、体になんらかの症状が強くあらわれます。
そうなると、患者は、まず、頭痛や、めまいの症状を取るために、内科を受診することがほとんどになるでしょう。
内科受診をすると、やはり身体的なところから検査をするので、内科的には異常が発見されず、頭痛やめまい、胃痛を軽減するための薬を処方され、結局のところ診断が付かない状態になります。
また、仮面うつ病の場合は、身体的症状が強く現れてくるため、「うつ病」の診断も困難になってくるのです。
しかし、その仮面の下に隠されている「うつ病」を見逃さないためにも、内科的要素を診断してくれる心療内科を受診して、仮面うつ病に対し、適切な処置をしてもらい、1日も早く回復をするため、治療をすることが必要です。

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ