うつ病と女性の人生|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

うつ病と女性の人生

年齢で変わる、女性のうつ病の原因

女性は、その一生を通して女性ホルモンによる体の変化があるのは、既にご存じのことと思います。

ここでは、そのホルモンの変化に注目して女性のうつ病をお伝えしたいと思います。

女性は思春期の頃になると、月経など出産ができる体になるための準備を始まります。
そして、ある人はある年齢で出産をします。
またどんな女性でも、やがては閉経を向かえるという女性ホルモンの流れがあります。
女性の卵巣からは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンが分泌されます。


思春期の女性のうつ病

つまり、女性らしい体に変化していくことになりますが、同時に体のだるさも現れることがあります。
しかも思春期は、ホルモンを放出する卵巣が未熟なため、ホルモンバランスを崩すこともあります。

つまり、ホルモンの量が変わる思春期では、「ホルモンバランスが変わる」というストレスを受けやすいうえ、卵巣が未熟なので、ホルモンの分泌量の調整もイマイチうまくいかないときがあるのです。
このような状態では、体に化学的ストレスが大きくかかることになります。

またこの時期は、多感な時期のため、精神的ストレスを受けやすい状態でもあります。
恋・部活・新しい出会い・卒業・入学・クラス替え・時には引っ越しなど、環境が変化しやすいためにストレス量が増えやすくなります。
(人間は環境の変化をストレスと感じる)
中には恋人や友達とのケンカ、更に学校や職場での「いじめ」など、人間関係の問題を抱えております。
このようなことから精神的ストレスが多くなり、うつ病へと進行する場合が多いです。
実際に中学生に質問をしてみると
「生きていても仕方がない」
「ひとりぼっちでいるような気がする」など、かなりの人数の中学生が、同級生や部活の先輩などによる人間関係に悩みを持っているのがよくわかります。

更に3月から5月は、「木の芽どき」といって、体の調子を崩しやすいときです。
あなたもご存じの通り、この時期日本では、卒業・入学、あるいは入社などの環境の変化があります。
うつ病の原因=ストレスのページもお伝えしましたが、ストレスは一つの器に溜まっていきますので、このようにストレスが集中的にかかるときは注意が必要です。

対策としては、無理をしないということです。
この時期、うつ病にまでなる女の子は、体の許容量を超えての環境の変化や出来事が起きていますので、無理はしないことです。
また、この時期の女の子は、
お菓子などもたくさん食べたり、
無理なダイエットをしたり、
朝まで遊んでいたりと、
体に負担をかける生活をしやすいので、体の調子良し悪しには注意が必要です。
中には早すぎるタバコやお酒、あるいはドラッグに手を出す子もいるでしょう。
この時期は、過保護にならない程度に親御さんがしっかりと寄り添ってあげる必要があります。
子供のやることを頭から否定せずにコミュニケーションをとっていく必要があります。

しかし、あまりストレスから逃げてばかりいると、ストレスに対する抵抗力が付かずに「逃避型のうつ病」になりやすくなってしまいます。

10代のうつ

最近特に10代のうつ病発症例が増えています。
特に多いのは中学生のうつ病発症です。
特に最近よく耳にするのが「イジメ」の問題です。
そのイジメの問題から精神的に不安になりうつ病を発症することが多くなってきています。

実際に中学生に質問をしてみると
「生きていても仕方がない」
「ひとりぼっちでいるような気がする」などと、
かなりの人数の中学生が、同級生や部活の先輩などによる人間関係に悩みを持っているのがよくわかります。
今まででは考えられない社会状況。いじめがなくならない現状。
特に最近のいじめは、
直接的に「無視する」
「目に見えてわかるいじめ」ではなく、ネットなどを使った陰湿なものに変化していっています。
そんな環境の中、友達とちょっとでもうまくいかない状況に陥ると、思春期に差し掛かった子供たちは、潰れてしまうくらいのストレスを抱え込んでしまいます。
そして、うつ状態になってしまうのです。

最近特に、中高生の自殺が目立っていますが、これはイジメによるものもあるでしょうが、うつの状態がひどくなったときにおこりうることがあるのです。
また、イジメの問題から不登校になったりと、現在の10代の子供たちを取り巻く環境は、以前とは比べ物にならないくらい悪化しています。
小学生から中学生までうつ病のチェックをしたときの結果として、学年が大きくなるにつれて「うつ」と診断される子供たちは確実に増えています。
子供たちを取り巻く環境が、悪化していくほど、10代のうつ病患者は増え続けるでしょう。


18歳から24歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

大学、就職と、親元を初めて離れ、半親離れを経験する時期です。
周りの環境も変わるので、環境の変化に影響されます。
鋭い感受性や強い自我を持つのですが、旺盛な活力がそれを裏打ちします。
入学や就職、結婚や出産など人生の大きな出来事を初体験するため、不安を抱え込む時期でもあります。
心身の成長が絶頂に達する時期なので、本来であればホルモンバランスも崩れることは少なくないでしょう。

ただ、様々な年代の人とのコミュニケーションや社会に属する経験をすることで、学生時代のように思うようにいかないことや、社会の中での女性としての役割を知っていくことになります。
自分の能力に自信が持てなくて、ついていけない気がしてしまったり、自分に適した学校・職場ではないのかという気がしたりすることがあります。
また仕事のきつさ、対人関係の悩み、男女格差の悩みなどで、気分が落ち込み、休みがちになりうつ病を発症することがあります。

最近では、この年代で不定愁訴をもつ女性が多くなってきました。
のぼせ、動悸、めまい、耳鳴り、生理不順、肩こり、頭痛、全身倦怠感、冷え性、便秘、下痢等、更年期かと思ってしまうほど様々な症状が出てきます。
これは、精神的ストレスや化学的ストレスが主な要因となっって、自律神経が乱れてきたことにより起こります。
この時期は、今までの生活リズムとは変ってくることが多く、特に食事・睡眠のリズムが崩れます。
食事はお菓子やコンビニ食が増えたり、朝食べずに夜ドカ食いしてしまったり、睡眠は寝る時間が少なくなったり、夜中まで起きていることが多くなったりします。
それにより、ホルモンは一定に流れていたリズムを狂わすことになります。

20代のうつ

20代や30代の若年層に多く見られるうつ病は、現代型うつ病といわれることも多いものです。
その特徴は、自己中心的であったり、ストレスに耐える能力が低かったりということが原因になります。

現在の社会では、大家族で育つ子供は少なく、核家族化しており、子ども自身も「わがまま」に育ちやすいのです。
とくに母親の愛情を一身に受けて育った一人っ子に、このような現代型のうつ病の発症がよく見られます。
特に、自分が悪いのではなく、自分を取り巻く環境が悪いととらえてしまうのです。
例えば、会社で上司に自分の意見が聞き入れられなかった場合、まだ、自分のそれだけの能力がないから上司は「もう少し勉強をしなさい」 と注意したところ「自分には充分な能力があるがそれを認めない上司が悪い」と、会社に行くのを辞めてしまいひきこもってしまったりすることがあります。
それだけ、20代だという年齢にそぐわない幼稚性があったりするのです。
特に20代から30代前半にかけてみられるうつの状態で、最近最もよく見られるケースとして、仕事中だけ疲労感が増し、 重圧感に押しつぶされそうになったりする身体的に不調を示す、正体がはっきりしない「うつ病」が最近よく見られます。

せっかく休日なのに、友達と遊ぶこともできず終末を楽しめない状態や、楽しかった休日と、次の日から始まる辛い仕事のギャップを考えると遊び終わった休日の夕方に気分が落ち込む状態になったりする状態。
逆に、これだけ「うつ病」の情報が氾濫している中で、「自分はうつかもしれない」と過度に心配したりするような、今までにない「うつ病」の症状を訴える人も多い年代なのです。
また、20代は、非定型うつ病の症状が発症する年代でもあります。
また、20代や、30代のうつは、女性に多く見られ、特にダイエットを気にするあまり「拒食症」や「過食症」という身体的な兆候を現す中うつ状態になる女性が多いのです。

非定型うつ病も、拒食症・過食症も、女性特有のうつ病だといえるでしょう。
また、20代で母親になる女性も多い中、マタニティーブルーや、産後うつなどになってしまうこともあります。
20代で母親になった女性は、周りの友人などはまだ独身で遊んでいる中、自分は赤ちゃんと向き合わなければならない、夫や家事、育児と全て自分の責任でしなければならないというような状況を全て1人で背負うような気持ちになり、産後うつになる危険度がたかいといえるでしょう。


25歳から35歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

25歳~35歳の女性は身体的に成熟しています。
仕事、恋愛、結婚などの悩みも多くなる頃です。
浮かれていた思春期と違って、このころの悩みは切実です。
体は成熟していますので、生物学的に言うと子供を産むのでしたらこのころが良いでしょう。
ただ、キャリアを積んでいった女性は社会的な立場にあることも多く、今後の身の振り方で悩むころです。
30歳を迎えるころには
「子供を産むか産まないか?」
「産むならいつごろがいいか?」
と悩むことになるでしょう。

中には、「子供は欲しいが、共働きでないと生活が苦しい」という悩みを抱えている方も多いでしょう。
多くの女性は大企業ではない会社にお勤めしていて、そう簡単に法令通りに育児休暇が貰えないのが現実です。
また、その前の「結婚するかしないか?」と悩む女性もいるのではないでしょうか?
このような精神的ストレスが生まれやすいのがこの時期の女性の特徴です。

また、成熟した体なので無理がきくため、仕事のし過ぎで体がゆがんで構造的ストレスが溜まったり、お酒の飲み過ぎや化粧品などの使いすぎで化学的ストレスが溜まったり、薄着でおしゃれをするため、温度のストレスが溜まったりしやすくなります。

仕事や恋愛で最も多いストレスが、やはり人間関係です。
ストレスの種類で言えば精神的ストレスです。
精神的ストレスは「○○過ぎる」というのが多くなります。
不安になり過ぎる・期待しすぎる・気にしすぎる・など、「過ぎる」ことで精神的ストレスが生まれます。

また、先ほどお伝えした「ねばならない」という思考もストレスになります。
また、仕事では責任が生まれるため、自分の体のことよりも仕事を優先してしまいがちになります。
もちろん、仕事なのでそのようなこともあるでしょうが、やはり行き過ぎると色々なストレスが加わります。
食事が不規則になったり栄養が過不足になったり、睡眠不足になったり生活にメリハリが付きません。
いつも気の抜けない緊張感や焦燥感を感じたり、忙しいと感覚のマヒ、感受性のマヒ幸福を感じず、体の悲鳴も感じず、緊張とリラックスがうまくできなくなってしまいます。
それにより、充実感が減り、うつ病へと近づくことがあります。

では、出産に関することをお話しします。
妊娠時にはマタニティーブルーという「うつ状態」になる場合があります。
また、出産後もベイビーブルーという「うつ状態」になる場合があります。
育児のノイローゼのような形でうつ状態になる方もいます。
特に妊娠・出産・育児が初めての場合、不安を葛藤が数々押し寄せます。
このときは、精神的ストレスが非常に多いため、構造的ストレスや化学的ストレス)が溜まらないように気を付けたいところです。

この頃の構造的ストレスは妊娠~出産後にかけて、出産などで骨盤が開いてしまったり、筋肉が疲労のため凝り固まってしまうことが多いです。
骨盤のゆがみの原因は、出産前では筋肉量が少ないこと、出産後では早すぎる歩行などです。
妊娠中から筋肉を付けるためにもよく歩くことをお勧めします。
現代人は、昔の人に比べて筋肉が少なすぎるのです。

そして出産後は、早く歩くように維持する医師もおりますが、筋肉が弱い方は骨盤が安定するまで、無理して歩かない方が良いという意見があることを知っておく必要があります。

また、化学的ストレスとしてガンマリノレン酸という油の一種が足りなくなり、マタニティーブルーやベイビーブルーといううつ状態になりやすくなります。
ガンマリノレン酸は、サバやイワシなど青魚によく含まれています。

30代のうつ

現在の、ストレスが氾濫している社会の中で、
うつ病について悩む人が確実に増えていることは間違いありません。

自分が抱え込むストレスが、自分の許容範囲を超えたとき、自律神経のバランスが崩れ脳に伝達する「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがうまくできなくなり、気分が落ち込み、焦燥感、イライラ、不眠、集中力の低下、何もしたくなくなるなどの症状が出て「うつ病」になってしまいます。

しかし、30代の女性に多く見られるのは
「自分の好きなものには興味がわき、進んで行動できる」
「興味のあることには集中できる」
「睡眠が取れないというより、逆に睡眠が多すぎる」
という非定型うつ病を発症することが多い年代でもあります。
またこの年代に多く見られるのが「仮面うつ病」です。
本来現れる、うつ病の症状としての、憂うつ感、おっくう感、何もする気が起きない、という意欲の低下や不眠などの症状が、顔を出さない。
まるで仮面をかぶっているかのような状態で、うつ病になるのが「仮面うつ病」です。

仮面うつ病の特徴は、頭痛や、めまい、肩こり、胃痛、腰痛、疲労感、食欲不振、あるいは過食気味になるなど、体になんらかの症状が強くあらわれます。
そうなると、患者は、まず、頭痛や、めまいの症状を取るために、内科を受診することがほとんどになるでしょう。
内科受診をすると、やはり身体的なところから検査をするので、内科的には異常が発見されず、頭痛やめまい、胃痛を軽減するための薬を処方され、結局のところ診断が付かない状態になります。
また、仮面うつ病の場合は、身体的症状が強く現れてくるため、「うつ病」の診断も困難になってくるのです。
しかし、その仮面の下に隠されている「うつ病」を見逃さないためにも、内科的要素を診断してくれる心療内科を受診して、仮面うつ病に対し、適切な処置をしてもらい、1日も早く回復をするため、治療をすることが必要です。


40歳から55歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

成人期に活躍していた卵巣機能がだんだん低下し、月経不順の一定期間も終わり、閉経期を経て老年期に移行するまでの期間を更年期と言います。

更年期では、身体的にもいろんな病気(高血圧・心臓病・糖尿病・ガンなど)が発症し始める時期でもあります。
また、子供の成長・巣立ち、夫婦間の再構築や介護問題などライフサイクルも大きく変わる時期です。

「喪失」体験は、ストレスの中でも上位にランクインされます。
女性として、女性特有のホルモンが乱れ、閉経を迎えるということはそれだけで、なんだか女性として見てもらえなくなる喪失感を感じる方もいます。
その更年期特有の心理状態に、家庭内のトラブルや子供が巣立っていく空虚感、介護や住宅の問題などが山住になると、気分が落ち込みうつ病を引き起こしやすくなるのです。
夫にも子供にも必要とされていないのではという喪失感や、健康に対する不安感、ぬぐいきれないほどの失望感などがストレス化し、しいては身体的な不調を引き起こすといった悪循環をまねきやすくなるのです。

「夫に我慢しつづけた結果、トラブルになるくらいなら私が我慢する」と歯をくいしばってきた人ほど、心身に無理をかけてきています。
更年期にも、何にも気がつかないうちに更年期が終わってた人もいれば、あらゆる症状を持つ人もいます。それは、性格にも起因しているようです。
ちょっとしたことでも気になり、悪い方へ悪い方へと考えがちな性格な人は、閉経を機にストレスをうつ病に発展してしまうのです。

更年期は誰にでもあるものです。
女性ならだれでも同じように閉経をむかえます。
だからこそ、体調がすぐれないことは、当然なことととらえてみましょう。
体が不安定な方へ引っ張られていくとき、心も引っ張られてはもったいないです。

40代のうつ

40代の女性は、そろそろ女性ホルモンのバランスが大きく崩れてくる時期にさしかかります。
特に40代後半から50代にかけて、閉経を迎える時期にさしかかり、更年期障害を迎える年代でもあります。

また、子供の独立や、夫の親の介護など、それまでの生活環境と大きく変化する時期に差し掛かっていることもあり、女性ホルモンの崩れから来る体調不良や、更年期障害が発症する年代。
子供の独立で夫と2人きりになっての生活の変化などから、うつ病になる女性は、年々増えています。
40代女性にとって、更年期障害で体の状態も辛い中、精神的にも不安になると、「生きているのが辛い」という状況に陥ることもあり、やはりこの年代の女性のうつ病は、自殺を一番心配する必要があります。

また、更年期障害以外にも、自分の健康にも心配が増える時期にさしかかります。
この時期の女性は、一生のうち一番デリケートにできているのかもしれません。
うつ病になった場合、家族は温かく見守り、できるだけのフォローをしてあげることが大切でしょう。

50代のうつ

50代のうつの症状の中、閉経に伴う更年期を迎える年齢だということです。
この時期は、女性ホルモンのバランスが大きく崩れ、身体的にも色々な症状が出るのですが、それに似たような形で、イライラや不眠などのうつの症状もでてきます。

また、子供の独立により自分の生活に張り合いが何一つなくなった空虚感に襲われます。
今まで家庭と子育てに力を入れてきた人ほどうつの発症がみられます。
更年期障害とともにうつが発症しやすくなります。
また、この頃からガンや、脳梗塞等の病気も気になり、うつ病を発症しやすい年齢になるのです。
夫とのよい関係を築いた中で、うつ病治療しましょう。


60歳以降のうつ病と女性ホルモンの関係

精神的に成熟期をむかえ、安定していると思われがちであるが、健康への問題や嫁・姑問題、
一人でいる孤立感などからストレスを抱えてうつを発症する場合があります。

高齢期では、女性ホルモンの減少によって、骨密度が低下します。
それにより、足腰が一気に弱くなっていきます。
また、睡眠リズムは、深い眠りが少なくなり、浅い眠りを一日に何度もとるパターンになります。
血圧上昇・関節痛・頭痛やめまい・白内障・不眠・食欲不振、もの忘れ等様々な症状がでてきます。

そういった健康状態の変化で思うように動かない体への不安や、知人や配偶者との死別により、孤独感を強くもったまま解消できないと、「自分の人生に意味があったか」と考えてしまいがちです。
特に、高齢者にとって大きな環境の変化は、体力的にも精神的に大きなエネルギーを必要とします。
いままで我慢してきた家族関係の悩み等、環境の変化や健康の障害によって一緒に悩みだしてしまうこともあります。

老人性うつ病

高齢者のうつ病は、「老年性うつ病」と呼ばれます。
身体的訴えが多く、希死念慮(自分さえいなければ周囲が助かると考え、しにたいと繰り返し考えたり、実際に自殺を図ったりすること)、気力の低下、緊張やイライラ感を訴えることが多いと言われています。


 1 

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ