ストレスが溜まるという意味は?|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

ストレスが溜まるという意味は?

うつ病に関係するストレスは、直接的・間接的なものを入れると、 精神的ストレス、構造的ストレス、化学的ストレス、温度・湿度のストレス の 4つあることをお伝えしました。
ここではどのようにしてストレスが溜まるのかをお伝えいたします。

簡単に言いますと、この4つストレスは一つの器に溜まるものだと思ってください。
そしてある量に達するとうつ病になると思ってください。
例えばその量を仮に10だとします。
現在、構造的ストレスで5、化学的ストレスで3、温度と湿度のストレスで1、 が溜まっている女性がいるとします。
この時点でストレスの合計が9になります。

ここで、少し嫌なことがありました。つまり精神的ストレスが1加わったとしましょう。

すると、10に達してしまうので、この女性はうつ病になってしまう可能性がかなり高くなります。

ここでは「仮に10とします」と発症する数字を10としましたが、この数字は人のよって違います。
20の人もいれば、5の人もいます。これは遺伝的なもの、後天的な環境などに左右されます。
あらゆるストレスを抱えている状態が長ければ、数字はどんどん落ちていってしまいます。
ですから、現在自分に一体何の種類のストレスがかかっているのか、また、ストレスを長期間抱え込んでいないかをよく考えてみてください。

どんなに体や心が強くても、その人の許容量を超えれば、誰でもうつ病になるのです。
「うつ病は誰でもなる可能性はある」といわれるのは、このようなことからなのです。

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ