うつ病の原因、ストレスとは?|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

うつ病の原因、ストレスとは?

うつ病の引き金になるのは、なんといってもストレスだといえるでしょう。
では、そのストレスというものは、一体なんなのでしょうか?
ストレスとは、もともと物理学で使われる言葉で、物体に外部から力を加えたときに、物体に起きるひずみのことを「ストレス」と呼んでいます。

ストレスは精神的なことだけではない

ストレスというと、多くの方は人間関係などの精神的ストレスを思い浮かべがちですが、ストレスの種類は全部で下記の5つがあります。

  1. 精神的ストレス
    (落ち込み、不安、焦り、怒り、悲しみなど)

  2. 構造的ストレス
    (体のゆがみ・姿勢の悪さなど)

  3. 化学的ストレス
    (栄養の過不足・化学物質・太陽光など)

  4. 温度・湿度のストレス
    (気温の高い低い、湿度の高い低いなど)

  5. 生物学的ストレス
    (菌・ウイルスなど)

この5つのうち、直接的にうつ病に関係するのは、1.精神的ストレス、2.構造的ストレス、3.化学的ストレスです。

温度と湿度のストレスは、間接的に関連します。
また、生物学的ストレスは、うつ病の前段階である自律神経失調症の時に風邪にかかりやすくなるとか、免疫系統が弱くなるということ関係してきます。
しかし、ウイルスや菌が直接うつ病に関係することはありませんので、ここでは割愛させていただきます。
それぞれの詳しいストレスのことは、上記リンクをクリックしてみてください。

ココロとカラダはつながっている

ストレスが5つあるように、ストレスを受ける側は心と体の2つがあります。
そのため、どちらかストレスを受ければ、徐々にもう片方も引っ張られていくのです。
症状に違いがあるのは、心のストレスが強いか、それとも体のストレスが強いかの違いです。

では上記の5つのストレスのうち、心にストレスを加えるのはどのストレスでしょう?
また、体にストレスを加えるのはどのストレスでしょう?

この5つのうち、実は心にストレスを与えているのは1.精神的ストレスのみです。

体にストレスレを与えるのは、
2.構造的ストレス、3.化学的ストレス、4.温度・湿度のストレス、5.生物学的ストレスです。

気持ちは、受けとり次第。体は、規則正しい生活から。

精神的ストレスは、物ごとの受け取り方次第でストレスになったりならなかったりします。
例えば、失恋も「これはもっといい男性に出会えるための出来事の一つ」と心から思えれば、精神的ストレスは少なくなります。
しかし、体の2.構造的ストレス、3.化学的ストレス、4.温度と湿度のストレス、5.生物学的ストレスは、体にストレスが加わるので、受け止め方の違いなどは関係なくストレスになります。

例えば、栄養に偏りがあって(化学的ストレス)、疲れが取れないとします。
ビタミン剤を必要としているのに、ビタミン剤だと思っていたのが、ただの砂糖玉だったらどうなるでしょう?
飲んですぐには、元気になったような気がする人もいるかもしれませんが、砂糖玉にはビタミンは含まれていないので、体がまた疲れてきます。体は正直に反応します。
ですから、日頃から食事や運動や睡眠などに気を配る必要があるのです。

ストレスは良しあし

ストレスと聞くと、それだけで「嫌なこと」だったり「疲れ」などとマイナスをイメージしてしまいがちです。
しかし人間には、ストレスにより一時的にダメージを受けても、そのストレスに負けないような回復能力があるのです。
ですからストレスが全てマイナスということではないのです。

つまり、適度なストレスの場合は、これがある程度のバネになって、心も体も強くなっていくのです。
しかし過度のストレスを受けると、回復能力では回復できないほどのダメージを受けてしまいます。
これが続くと、回復するためのエネルギーもなくなり、心も体も弱ってしまいます。
この弱った心と体に、更にストレスが加わることで色々な病気になるのです。
うつ病もその一つです。

職場や人間関係や家庭内での過度のストレスが慢性的になると、そのストレスは決してバネにはなることはなく、心と体に悪影響をあたえるだけのものになってしまうのです。
ストレスがバネになるかならないかは、その時の心と体にどれぐらいエネルギーがあるのかで変わってきます。

心身ともに疲れていれば、エネルギーは少ないですし、元気ならばエネルギーは豊富です。
当たり前ですが、エネルギーが少ない時に大きなストレスがあると、跳ね返す力がなく、そのストレスに潰されてしまいうつ病になるのです。

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ