うつ病ってどんな病気?|「女性のためのうつ病サイト」

エナジー・ヨガ

うつ病ってどんな病気?

1.うつ病の始まりは自律神経失調症から

うつ病の症状は、やる気が出なかったり、物事から興味が無くなったり、おっくうな気持ちになったりという「心の症状」が出てきます。
しかし、ほとんどのうつ病の始まりは、心ではなく体に出てくるのです。
うつ病になる前に、不眠症や食欲低下などがあるのはよくあるパターンです。
自律神経失調症はやる気があるけど体が付いていかないという状態です。
やることをやりたいのだけれども、疲れてできない。 これが自律神経失調症です。
これに対して、うつ病は体も疲れていますが、やる気そのものが出てきません。

たとえば...
「出かけるのに化粧をバッチリして、洋服のコーディネイトもしっかりと決めたいけど、疲れているのでこのくらいでいいや」というのは、自律神経失調症です。
うつ病の場合は、化粧そのもの、洋服そのものがどうでもよくなってしまいます。

つまり、うつ病は自律神経失調症が悪化した状態だと思ってください。
ちなみに、自律神経失調症の症状は主に下記のようなものです。
不眠症・眠りが浅い・食欲不振・ゲップがよく出る・2週間以上疲労が続く・動悸・やたらと光がまぶしい・めまい・耳鳴り・頭痛・息苦しいなど。

2.誰でもどんな世代でもなる病気

うつ病は、ストレス社会が生んだ現代病のように思われがちですが、昔からある病気です。
そして、特定の人がかかる病気ではなく、誰でも、かかる病気の名前ということを知っておきましょう。
女性では、4人に1人から10人に1人は一生のうちに一回はうつ病にかかると言われています。
そして人によっては一生のうちで何度もうつ病を繰り返すこともあります。
年代も様々です。
女性ですと、ピークは20代前後と50代前後、そして高齢期。
いずれも社会的役割、体の変化に大きな転機が訪れるときです。
(詳細は、女性のライフスサイクルとうつ病へ)


*

3.うつ病の辛さ

うつ病は、最近になってやっと病気の苦しさや大変さが理解されてきました。
しかし、十数年前までは「何もやる気が起きない」などというと、その人の性格の問題や「怠け病」だという言葉で片付けられてきました。
今でもそのような誤解が残っていて、「うつ病」に悩んでいる人の来院を遅らせる一因になっています。

心身は、元気も意欲も出ず、果てには生きる気力も失ってしまいます。 今まで出来ていた仕事や家事ができないどころか、一定の生活リズムを行っていくのも辛いのです。
自分が自分の良い状態を思い描けないほどの絶望と自責感でさいなまれ、生きていても仕方ないと思ってしまうこともあります。
うつ病は、それ自体で死に至る病気ではありませんが、生きる意味を感じなくなり、自ら命を絶ってしまう可能性のある病気です。
うつ病と侮らず、思い当たることがあれば一度病院へ受診されることをお勧めします。

4.「うつ病」と「うつ状態」とはどう違うの?

例えば、大失恋をしたら、この世の終わりなんじゃないかって思ったりします。
泣きはらしてもまだ落ち込みますし、悲しくなります。
そして、人に会うのがおっくうになったり、おしゃれに気合が入らなかったりするでしょう。
でも友達の協力があったり仕事をこなしていたら、だんだんとその傷が癒されていきます。
うつ病ははっきりとした境界線はありませんが、体の症状や気持ちの落ち込み度合いが強く、期間が長いということです。
その落ち込みや億劫感が半年たっても一年たっても一向に変わらず続いてしまいます。
そして、生活していくのもままならない心身状態になっているとしたら、正常な範囲を超えている心身の状態=「うつ病」といえるでしょう。

つまり、失恋や失業や配偶者が亡くなったりすれば、誰だって落ち込みますよね。
このように誰にでもなるようなことは「病気」とは言いません。
ただしそのようなことで、落ち込むのは「うつ状態」と言えるでしょう。
しかしそのうつ状態が3年も続けば「うつ病」と言えるでしょうね。

5.うつは気づきにくい病気

うつ病は、誰にでもなりうる病気ですが、気づきにくい病気です。
それは、うつになった本人もまた周囲の人もです。
うつになるにはストレスはもっとも関係してきますが(うつ病の原因)、性格も関係しています。
メランコリー親和性といわれ、責任感が強く、まじめで他人に迷惑のかからないように、気配りが出来る人はかかりやすい人と言われています。
本人は頑張ることで、満足感を得ているので多少の辛さは乗り越えようとさらに頑張ってしまいます。
また、実際具合が悪かったとしても人に迷惑をかけてはいけないという強い信念から、他人に頼ったり助けてもらおうと思わないことが多いのです。
そのため、かなり症状が強く、見た目にも分かるようになってからようやく気付くことになってしまいます。

また、最近では逆のパータンでうつ病になるケースも増えています。
責任を他人に押し付けたり、嫌なことから極端に逃げたりしていることで、ストレスに抵抗する力が育たなくなり、少しのストレスでうつ病になるケースも見られます。
逃避型うつ病、非定形うつ病、現代的うつ病などと言われています。
嫌いな仕事から逃げるという意味で、精神科医の香山リカさんなどは「5時までウツ」などと命名していたりします。


*

2010年4月30日
女性のためのうつ病の手ほどきサイトオープンしました。

このページの先頭へ

このページの先頭へ